集中力アップのためにオススメのお菓子、飲み物特集


 

夕方ごろからやってくる、空腹や疲れや集中切れ。でもここを乗り切らないと、また残業になってしまう!!日頃、そんな自分との葛藤を繰り広げていらっしゃる皆さん。本日は「運動しろ!」とは言いません。夕方を乗り切るための集中力アップなおやつでパフォーマンスをあげませんか??

 

集中力に必要なもの

 

夕方の疲れた脳を働かせるには「ブドウ糖」が必須。ブドウ糖は脳のエネルギー源となるので、間食で程よく摂取していきましょう。ブドウ糖が不足すると、集中力や記憶力の低下、思考能力の低下など、心身のパフォーマンス低下につながってしまいます。

また「よく噛む」ことも重要。噛むという行為で脳へ刺激を送り、働きを良くする効果があります。また、体内に「コレシストキニン」というホルモンが分泌され、頭の回転が速くなる効果があるそうです!また「よく噛む」ことで満腹感もすぐに得られやすくなり、食べすぎ防止にもなります。

 

食べるならこれ!集中力アップの食べ物5選

 

チョコレート

「疲れた時にはチョコレート!」というのが定番な人も多いはず。チョコレートはブドウ糖ももちろんですが、カカオポリフェノールが含まれています。カカオポリフェノールには、脳を活性化させる効果があります。カカオの含有量が多くなるほど豊富に含まれるようになりますので、高カカオチョコレートがおすすめです!

 

ラムネ

森永製菓さんのラムネをご存知ですか? 

このラムネはなんと90パーセントがブドウ糖なのだそう!「ちょっと脳に栄養入れるか。。。」とぱっと手にとって食べることも可能。タブレット型で見た目がスマートなので、ビジネスマンにもぴったりですね!

 

あんこ

低カロリーですが脳の栄養素となるブドウ糖が入っていますおはぎ、たいやきなどもありますが、この時期にはあんこのアイスがおすすめです!冷たいのでリフレッシュにもなりますね!

 

ガム

ガムをかむという行為で体内にホルモンが分泌され集中力が高まります。甘いフルーツ系からスッキリするミントまで様々な種類があります。眠気を覚ましたい時はブラックミントのものがおすすめです。

 

ナッツ類

ナッツは血糖値の上昇・下降を抑える働きがあります。血糖値が上がることで脳にエネルギーが行き、集中力が高まるのですが血糖値の上がり方が緩やかなほうが、より集中力が高まりやすいと言われています。チョコレートなどの甘いものは急激に上がる傾向がありますが、ナッツは緩やかです。ですので、組み合わせて食べるというのもいいですね!

 

飲むならこれ!集中力アップの飲み物3選

 

コーヒー

カフェインの摂取により、ドーパミンやノルアドレナリンが放出されます。

これらの栄養素によって、脳が覚醒状態になり、集中した状態を作ることができます。またコーヒーの香りはリラックス効果もあるので、リフレッシュにも最適です。ただし飲み過ぎには注意です!

 

豆乳ドリンク

大豆は、ビタミンB1をはじめ多くのビタミン郡を含んでいて、脳に効く「ブレイン・フード」と言われ、学習能力・記憶力・集中力を高めてくれる食品の代表格。

仕事中にとるのであれば、豆乳が一番摂取しやすいでしょう!今はいろんなフレーバーの豆乳がありますので、お気に入りを見つけみては?

 

バナナジュース(果物のままでも!)

バナナには非常に多くの栄養素が含まれています。

ブドウ糖のほか、糖が脳のエネルギーになるのをサポートするビタミンやミネラルも一緒に含んでいるので、バナナ摂取だけで効率良く脳の栄養補給ができるんです。また腹持ちもいいので、夕方どうしてもお腹が減ってくるという方にはぴったりですね!

 

お気に召すようなものはありましたか?おやつを上手に取り入れて、午後のお仕事も頑張ってくださいね!以上、ポテチ食べながらRUがお送りいたしました!←



funlife_banner

RU