運動効果絶大な時間帯って?


突然ですが、運動に適した時間帯はご存知ですか?「せっかく体を動かすなら、効果を最大限にしたい」そんな人も多いはず。そこで今回は、運動効果抜群の時間帯をご紹介します。
運動効率の良い時間帯を知って効果的に運動しませんか?

 

 

まずは朝。



朝は体が目覚めていないので、激しい運動や長時間の運動は避けたほうが良いとされています。特に、起床後は睡眠中の体内水分の減少により、脱水状態に近くなっているため、運動を行うとしても運動前に水分補給や少量の糖分(キャンディーなど)補給をするのが適切だそう。そして徐々にからだを目覚めさせるように、ウォーミングアップを丁寧にすることが大切なんです。

 

昼や夕方の運動効果は?


昼や夕方は、エネルギー代謝、心肺機能やホルモン分泌が活発な時間帯なので、運動に適しているとされています。例えば、昼休みなどを利用した短時間の運動でも、続けることで効果が期待できるのだとか。ちょっとした空き時間や休憩に少しの運動をするだけで、健康的になれちゃうチャンスなんです!!



夜の運動効果

夜は、激しい運動は交感神経を活性化させ、睡眠の妨げとなるので避けたほうが良いとされています。もし運動をするとしたら最後にゆったりとしたストレッチや体操で終え、体を休めるように終えるようにしましょう。


食事との関係性は?

ここまで、時間帯に分けてお話ししてきましたが、運動は時間だけでなく”食事”とも非常に関係があるとされています。
例えば、食事後の身体は、食べ物を消化吸収するために胃腸に血流が集中しているので、この状態で運動を始めてしまうと筋肉にもより多くの血流を送らなければならず、本来必要である胃腸への血流が十分に行き渡りません。そして消化不良も起こしやすくなると言われているのです。また極端な空腹時には血液中の糖分が不足し、十分なエネルギー源が確保できません。エネルギー源の乏しい状態で運動を続けると、人によってはめまいを起こしたり、注意力散漫になってケガをしたりといったことが考えられるので空腹時の運動は危険なのです。

 

つまり、、!

運動に適した時間はお昼〜夕方、そして食後すぐや空腹時を避け運動を行うことが運動効果を最大限に高めることに繋がることが分かりました。
午前中の仕事を終え、お昼を食べ、また仕事をしてちょっと疲れたなぁという時などにオフィスでストレッチや軽い筋トレなどの運動をするだけでも効果的だということです!


 

 

オフィスで運動するならFUNLIFEのサービスが最適!

「そんなこと言われてもオフィスで運動するなんて出来ない!」
なんて方におすすめなのがFUNLIFEの新サービス!


〜オフィスで運動するならBene-Fitサービスが最適〜

オフィスで運動をして生産性を上げられる、Bene-Fitという

サービスをご存知ですか?詳しくはこちらから!!

資料を無料DLする



funlife_banner

RU