ども、トーゴです。昨日は大相撲で、高安が初黒星。鶴竜の横綱の意地を感じました。
(このブログは大相撲ブログではありません、あしからず。笑)

ってことで、今日紹介するのはノルウェーで行われた、HoloLensを用いた授業の様子!

HoloLensを使った理科の授業

ノルウェーで、小学生がHoloLensを使って「太陽系」について学ぶ実験的な授業があったそうです。
何人かの子供にHoloLensが渡され、他の子供達はHoloLensで見ている内容をホワイトボードに
投影された動画で共有する形で、授業は進められました。

実際の授業の様子や、教師や生徒のコメントも動画で見ることができます(後掲)。

「教室の中で惑星が動いてるのが見れた!超かっこいい!」
「アフリカがノルウェーに比べてめちゃデカくてびっくりした!」
「自分の目で見ることができたから、太陽系について理解することが凄く簡単にできた!」
「今までの授業とは大違い!」
とかとか、肯定的な意見が子供達から出まくってました。そりゃそうだよな、これ絶対面白いでしょ。

他にもMRの特性が活かされたことがわかる、教師の発言がこちら。

「生徒たちは太陽系に飛び込んで、惑星がどんな形をしているのか直接見れました。
多くの生徒は土星に飛んだ時に、土星の輪を見て非常に驚いていましたんですが、
その時「この輪っかは何?」と疑問を持ったんです。その後、タブレットを使って調べ、
それが氷や岩や隕石のかけらで出来ていることを突き止めたんです。」

え、何このマジいい話。笑
ただ、教科書を見て、教師の話を延々に聞くんではなくて、こういった形で自ら疑問を持ち、
好奇心を追求していけば、授業ってめちゃくちゃ面白いですよね。これは最高でしょ。

今後生まれてくる子供達が羨ましくなってきました。笑

授業やインタビュー動画

(参考)

HoloLens Sees Use in Norway Classrooms(英文)

https://www.vrfocus.com/2017/03/hololens-sees-use-in-norway-classrooms/



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA