• One Life. FunLife.

ODG (Osterhout Design Group)社が「危険な場所」用のARスマートグラスの
先行予約を開始しました。

ODG社とは?


ODG社は1999年に創立され、直近では64GBの容量、Bluetooth、HDカメラ付きの
「R-7」と呼ばれるARスマートグラスを販売しています。

今回ODG社はR-7HL(Hazardous Location)と呼ばれる、危険な作業環境での生産性や効率性を
高めた、新しいバージョンのR-7の先行予約を開始しました。

 

R-7HLの特徴


このR-7HLは元のR-7が持つ全ての機能を有しており、またHAZLOCと呼ばれる、
塵、衝撃、振動、水の飛び散り、温度、超高圧などの環境下での性能基準を満たして
いることが保証されています。

ODGのプレスリリースの抜粋↓

「スマートグラスの強み(スマートフォンとの違い)は、両手が自由になり、頭が前を向くことで
より大きな効率性と優れた安全性をもたらせることです。我々はR-7をレビューした際にその
能力の高さに驚きましたが、今回のR-7HLではそのR-7の能力持ちつつ、過酷な環境用
に大きく耐久性を追加しております。」

 

鉱山の採掘現場や石油採掘現場などなど危険な場所でのお仕事はたくさん。
その中でARスマートグラスを用いて効率的に仕事ができるのは助かりますね。
決して一般ユーザー向けではありませんが。。笑

気になる価格は3500$と少々お高め。

先行予約を開始しており、出荷は2017年6月頃になる見込みとのことです。

【参考HP】

ODG Opens Preorders For Their Hazard Certified AR Glasses(英文)

R-7HLの製品概要ページ(英文)



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA