• One Life. FunLife.

Markets and Markets が発表した予測では、ジェスチャー認識の市場規模は2022年までに3兆7000億円に到達するそうです。(34bil USD -111円換算)

 

ジェスチャー認識のテクノロジーとは、スマートフォンのタッチ操作とは違い、体の一部の動きや形を機械側が認識して、アクションを起こす操作方法です。

 

最近ではドローンカメラを自分に向け、先に決められている動作、ポーズを取ると写真を撮ってくれたり、

Samsungの携帯電話では、ビデオ視聴している際、目線が携帯から離れると、自動でビデオ再生を一時停止してくれたり、

徐々に実装されているテクノロジーです。

 

AR、VRの普及には必要不可欠な技術ですよね!

 

FunLife(創業準備ブログ)でも以前、Eyefluenceという目線で機械を操作するテクノロジーを紹介しましたが、これからこういった技術が台頭すると思われます。

 

Markets and Markets によると、市場拡大はゲーム(ポーズを連続すると技が出る)やセキュリティ(体トラッキング、眼球トラッキング等)によって牽引されるそうです。

 

VRfocusの記事はこちらから(英文)



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA