• One Life. FunLife.

タイトルのネタ元が若干古いことはご容赦下さい。笑

ディズニーとは

ってバカにしてんのか!って感じですよね。はい、みなさんご存知の通りです。笑
ただディズニー社のCEOであるボブ・アイガー氏はご存知ですか?彼はマーベル
コミックやルーカスフィルムの買収を手がけ、Appleの取締役も兼任している敏腕の経営者です。

なぜディズニーはVRではなくARなのか

ディズニーはクラシカルなアニメから、Marvelやスターウォーズまで、子供から大人まで
楽しめる作品を提供し、かつ世界中にディズニーブランドのテーマパークを提供しており、
そこでは、ディズニーのキャラクターをスクリーンから飛び出させ、命を与えています。

VRの方がディズニーのテーマパークには合うと考える人もいますが、アイガー氏は、
VRは「偽物」であり、ディズニーにはARの方がぴったりくると考えているようです。
部下にはVRを使うことは全く考えるなと指示しているとも言われています。

「我々が提供するのはリアルな経験だ。カーズランドに歩いて入っていく際に実際に
ラジエータスプリングにいる気分になる。それは我々が細部だけでなく、大きさにも
こだわって創り上げたからだ。」という発言もアイガー氏はしています。

多くのテーマパークでは「遠距離からの顧客獲得」や「今ある乗り物への付加価値」
としてVRを採用していますが、アイガー氏の見解は興味深い考えですよね。

ちなみに、ディズニーからのARに関する正式な発表はありませんが、Times紙の
レポーターによると、アイガー氏はとある研究所でヘッドセットを着け、
ライトセーバーでストームトゥルーパーと戦っていたとのことです。

参考HP

Report: Disney CEO Chooses AR Over VR For The Legendary Theme Parks(英文)



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA