• One Life. FunLife.

ハワイからこんにちは🌺

ジミーです。

 

こっちに居て、辺りを見回すと、もちろん肥満大国と言われるアメリカですから

ふくよかな人も多いですが、若者は特にガタイのいい人が多いですね。

 

日本は細い人が多いけど、ガタイがいいというより、華奢なイメージがあります。

 

もちろん人それぞれですが。

 

 

最近は24時間いつでもいける格安のトレーニングジムが増えたり、オリンピックに向けてスポーツや運動に対して意識が向上していますよね!

いい事です。👏👏
FunLifeではジムに通ったり、ヨガDVDを元にヨガしたり、ストレッチしたり、これから色々なスポーツを題材にしていくつもりなので、体づくりをして居ます!

 

そんな中で、日々のトレーニングの効果をアップし、同時に怪我も予防できちゃうグッズを見つけたので紹介します!

 

フォームローラーーー!!!
(カモフラージュする必要はないと思うけどな)

 

使った事ありますか?

ちゃんと使えてますか?

なんとなく使ってみてるけど、効果がわからん、やってる意味がわからんって事ないですか?

 

 

フォームローラーはSoftTissue Stretch (筋膜リリース)に使われるアイテムです。

 

普段の生活の中でずっと長い時間同じ姿勢で座って居たり、あまり体を動かしてなかったりすると、筋肉を覆う膜が硬くなってしまいます。この状態で突然激しい運動をすると怪我につながる場合もあります。

「運動する前にちゃんとストレッチしなさい」と言われるのはこういう理由ですよね。

 

でもこのフレーズ、ちょっと語弊があるんですよね。

筋膜が硬い状態でストレッチするのも、実は怪我に繋がったりするんです。

プロセスとしては

筋膜をほぐす → ストレッチする → トレーニングをする

というのが理想の流れです。

筋膜をほぐすことによって

・リンパの流れ
・姿勢
・トレーニング効果
・回復時間
・関節可動域

など全てが改善、向上します。

 

 

半端じゃねえ。やってねぇなんて信じらんねぇと思った方、
具体的な使用方法と効果など非常にわかりやすく纏めている
コバ ショウゴさんのブログを見てみてくださいね

 

どんなスポーツをやるにも、怪我をしない為に、効率的に運動する為に

必要なMobility(可動性)を会得するにはこのフォームローラーで

がっつり筋膜リリースすることが必要不可欠なのです!

 

ちなみにMobilityとは:

A person with great mobility is able to perform functional movement patterns with no restrictions in the range of motion (ROM) of those movements.

-Joe Vega (Personal Trainer)

関節の可動域の全てをコントロールしながら様々な動き、運動を出来ることを言います。

ローラーを正しく使って、筋膜をリリースし、ストレッチを欠かさずする事で関節可動域を確保し、その上に筋力トレーニングをする事でモビリティが手に入る。という事ですね!

どんなスポーツをするにもモビリティは大事です。

FunLifeメンバーもモビリティ向上に向けて頑張ろ!

って事でプールの前にローラーしてきます!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA