• One Life. FunLife.

ども、トーゴです。WBCキューバ戦、日本勝ちましたね!
オランダ戦に続き、厳しいけど面白い試合でしたね!

今日は世界的大企業であるGE(General Electrics)のスマートグラスの
活用内容に関する記事をまとめてみました!(↓元の記事はこちら)

Looking Smart: Augmented Reality Is Already Seeing Real Results In Industry(英文)

①そもそもGEとは?
皆さんGEご存知ですか?普段あまり目にしませんが、世界のインフラを支える大企業です。
(ちなみに私が勤めていた前の会社の競争相手です。力の差はでかかったですけど。。)
業種は重工業、軍需産業、航空宇宙産業、電気機器がメイン。なんと今年度の売上予想は15.5兆円!
元はあのトーマス・エジソンが作った会社で(正確には合併等あるが)、ジャックウェルチなどの
カリスマ経営者も生み出した、まあとにかく馬鹿でかい大企業中の大企業です。

②そんなGEがスマートグラスを活用!
記事によると、GEの作業者はUpskill社(ウェアラブル向けの企業用ソフトウェアを開発するベンチャー)
のスマートグラスをつけて風力タービンの組立を行なっているとのことです。

通常、チームが何か装置を使う場合、技術者はマニュアルをチェックしたり、問題なく部品を
組立られているか熟練者に確認することがありますが、GEではUpskill社のSkylightという
スマートグラスのサービスを使うことで、作業者や技術者が簡単に指示を確認したり、その時
見ているものを熟練者と共有したり出来るため、すぐにトラブルを解決できるとのことです。

また、初めてskylightを使った場合でも、通常のオペレーティングより36%も効率が上がる
との検証結果も出ています。(詳しくは動画を見てみてください)

skylightは既にGEのほぼ全てのビジネスで用いられており、複雑な組立、メンテ、修理、
その他には物流等でも使われているとのことです。また、GE Healthcare社の倉庫では
MRIの機械を保管しているが、そこではskylightの指示でどこに物を置くかがすぐ分かる
ようになっており、それによって46%のオペレーション能力の向上が見られたとのことです。

Upskill社はGEだけでなく、ボーイングやジョンソン&ジョンソン、そしてロッキードマーチン
にもこのskylightのシステムを導入しているとのこと。

 

やっぱAR凄いですね。VRとの違いは、やはり実用性だと思います。
確かにVRは楽しい体験をいっぱいできる。でも現実世界をより良くするのはARだと信じてます。
まあ産業向けから一般消費者向けにどう変えていくかがポイントなんですが。。
FunLife、頑張ります!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA