• One Life. FunLife.

ども、トーゴです。

今ARのヘッドセットとして世に出ている中で主要な二つといえば、MicroSoft社が出している
HoloLensと、Meta社が出しているMeta2ですが、今回アメリカのテキサス州で開催されている
SXSW2017(サウス・バイ・サウスウェスト)にて、Meta2の最新モデルを披露しているみたいです。

①SXSW

そもそも、SXSWというのは、スタートアップ&ミュージック&フィルムのフェスで、
開催10日間で何と8万人も来場し、経済効果は驚きの195億円!の大型イベントです。
来年にはFunLifeも出展したいよね!(具体的には↓のリンクでチェック!)

SxSW 2017が開幕 — 米国・オースティン —

②Meta2のレポート

で、そこで現地からMeta2の詳細レポートを紹介した記事がこちら↓

ARの詳細レポート(英文)

記事の内容をまとめるとですね。。

良い点:ヘッドセットにサポートがあって、頭へのフィット感はHoloLensと比べてもかなり良い。
    また視野角が90℃とHoloLensの30℃と比べて広く、ほぼ全ての視野をカバーしている。

悪い点:HoloLensはポータブルだが、Meta2は常にPCに繋げていないといけない。
    音が非常に小さく、聞き取りづらい(これはMeta社も問題視してworkin on it!らしいです)

総論:AR感では、視野角の広いMeta2は良いが、やはりまだソフトウェア数が不足している。

 

まあHoloLensもまだまだソフトウェア数は全然だと思いますけどね。

また情報があればアップデートします!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA