• One Life. FunLife.

ども!ジミーです。

今回はついに5回に渡ってやってきました法人の為のSNS戦略最終回です(涙)。

今まで

 

第一弾 宣伝ではなく価値を提供する

第二弾 プラットフォームに最適化して発信する

第三弾 エンゲージメントを増やす

第四弾 会社のアセットを最大限に活かす!

と語ってまいりましたが、今回は

 

 

 

最終回:

目立てるフィールドを探し続ける

です

これは案外すんなり入ってくると思います。

法人で、特に中小企業でSNSでマーケティングをする場合は

  1. 会社の存在に気づいてもらう
  2. 売っているサービス、商品に興味を持ってもらう
  3. フォロワーになる、エンゲージメントするなどのアクションを通して会社を応援してもらう
  4. 売り上げを伸ばす

という目的があると思います。

 

 

しかし、ここで問題がひとつ。

例えばTwitterで言えば、ユーザー数3億1000万人。

 

この数字の意味を考えると、ユーザー数は多いが、同時に発信しているアカウント数が壊滅的に多いということでもあるわけです。

 

この中で、自分の会社に気づいてもらう、目立つ、事を目標とすると、なかなか一筋縄ではいきませんよね。

 

という事で、競争率の低い、ユーザー数の少ないソーシャルメディアで投稿する方が目立つ可能性が飛躍的に上がります。

 

 

 

でも、ユーザー数少ないなら発信しても、目立ってもしょうがないじゃん!

意味ないじゃん!

努力が無駄になっちゃうじゃん!

 

 

いやーわかるわかる。

そうなんですよね。

 

 

でも、Facebook離れが囁かれ、Twitterのアクティブユーザーが減り始め、Instagramなど、他のSNSが目立ち始めてる今、この勢力図、構図が永遠変わらないはずがないのです。

 

 

これから何かのきっかけに爆発的に人気になるSNSが確実に出てきます。

 

 

路上ライブ時代から応援しているファンの様に、そういった爆発するSNSに最初から投稿して、アプリ内で存在感を持ったアカウントだった場合…

 

 

…どうですか。

 

 

ワクワクしてきませんか?

 

 

確かに鳴かず飛ばすで日の目を浴びずに消えていくアプリも沢山あります。

でも!当たった時の見返りは半端じゃなく大きいという事を覚えておくべきだと思います。

 

 

過去のブログでもありましたが、他アカウントで投稿している内容をリユーズ!リサイクル!で比較的労力を掛けずに、まだまだマイナーリーグのSNSに愚直に投稿していくのもいつかホームランになる可能性を持った戦略の一つです。

 

 

ここで、FunLifeで注目している、これから日本で来る!かも?
SNSアプリを紹介します。

 

 

Music.ly

アメリカナンバー1の音楽動画アプリです。

音楽に乗って踊ってみたり、映像編集してハイライト映像配信したり、ちょっとお笑い的なビデオを作ったり、アメリカ十代の間で流行っている動画系SNSです。

 

Framy

簡単CGアプリです。

アプリの中で写真や動画にいろんな効果をCG的に編集して、投稿できます!

ちょっと工夫して、単色のバックグラウンドで動画撮影すると、簡単にCG動画が完成!

これは編集専用でもInsta, Twitter様に利用してもいいのではないでしょうか?

 

 

他にもまだまだ目立っていない、でも面白そうなSNSアプリはありますか?

このリストは調べながら、皆さんのオススメアプリもどんどん追加していきたいと思います!

5回に渡っての法人の為のSNS戦略、いかがでしたでしょうか?

是非、御社の戦略に反映してみてくださいね!

 

 

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA